×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今の矯正装置は痛くない?

スポンサード リンク

今の矯正装置は痛くない?

今から一昔前の矯正装置。子どもの頃にクラスメイトがしているのを見たことがありませんか。はっきり医って、あれは痛みやわずらわしさなどが大きいものでした。たとえば古いタイプの装置では歯の1本1本にバンドを巻き、ワイヤーをまげて、そのワイヤーの素材だって堅くて痛い。しかも見た目もかなりグロテスク…。

そんなのは昔の話で、「歯列矯正って恐ろしい」とおもっているのなら、その考えは改めたほうがよいですよ。なぜなら、現在は技術が飛躍的に進歩し、矯正ソスちにも様々な工夫が凝らされるようになっているからです。さらに、痛みや見た目にも配慮し、シンプルで見えにくい装置が登場しているのです、それに、歯を動かすためのワイヤーの進歩は、注目に値します。装置をシンプルにしながらも歯には適切な力がかかってはを効率的に移動できるような仕組みになっているのです。素材もニッケルチタン合金などの超弾力性があり、形状記憶の性質を持つものなど、歯の移動にやさしいものが誕生したおかげで痛みがぐーっと減りました。ほかにも笑ったときに目立たないように透明な装置があったり、ワイヤーを留めるゴムがカラフルになるなど、矯正装置でオシャレできるほどデザインが洗練されてきているんですよ。

ところで、矯正方法や技術は進歩しましたけど、治療期間が昔に比べていきなり短くなることはまずありませんのでご注意を。なぜなら、いくら技術や装置が進歩したとしても、人間の歯が動く速さは変わらないのですから。くれぐれも「短期間で治る」なんてウマイ話には乗らないでくださいね。