×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本と外国の歯列矯正の考え方はこんなに違う

スポンサード リンク

日本と外国の歯列矯正の考え方はこんなに違う

日本とが帰国の矯正への考え方って全く違います。

欧米では歯の矯正は当たり前。子どもから大人まで、多くの人が矯正のお世話になっています。ところが、日本では、矯正を考える人が蓋といっても、欧米並みに浸透していないのが現状です。それは日本人の歯並びがキレイだから…というわけではなく、社会の受け止め方や、文化的な背景が全く違うためです。

たとえば、欧米ではあいさつするときにキスやハグをするのって日常的でし。相手にぐっと口を近づける習慣がありますし、食事のマナーにも厳しいところもあり、正しいキレイな歯並びであることは、社会生活を送るためにも重要なのです。

しかし、日本では、つい最近まで女性は歯を見せて笑ってはいけない、なんてことがまかり通っていたり、運転免許証の写真に飛びっきりの笑顔は認められていなかったりします。

こんな日本と欧米の習慣や笑みに対知る意識の違いが、歯列矯正の普及にも大きく関係しているのだと思います。

しかし、いまや日本も欧米化が進み、笑顔が重要な、コミュニケーションツールになっていることはあなたも認めるはず。日本人はいまや立派な国際社会の一員なのです。帰国子女の子どもたちや海外勤務をする人だけが歯列矯正の必要に迫られているのではなく、誰もが矯正を意識する日も、もうそこまで来ています。アジアの中では、中国、台湾、タイ、シンガポールでも矯正人口がグーンと伸びていることもお伝えしておきたいと思います。